洗うというストーリー

「綺麗な髪の毛」

日々のスタイル、セットとリセットを繋ぐのが「お手入れ」。
その毎日のお手入れで髪の毛を洗うという行為があります。
シャンプーや石けんシャンプー、最近では「湯シャン」など耳にします。
その中で基本となるのが「すすぎ」です。
綺麗な髪の毛を維持するためのホームケアでの要
洗うことについて考えてみましょう。

Story

┃ 洗うというストーリー

「髪の毛を洗う準備から乾かすまで」

髪の毛を洗うことって、毎日の「当たり前」のルーティンです。誰もが知っているし行ってる行為ですので、いまさら って思うかもしれませんが、その行為や種類や組み合わせは様々あります。まずは順を追って行為をみてみましょう。

ざっと見まして12行程あります。これが全部必要でもありません。その方の髪の毛や頭皮の状態、また生活習慣などにより洗うというストーリーを組み立てれば、どれが必要でどれが余分か。またその格内容にもいろいろと選んでみて楽しいケアができると思います。

髪の毛を洗うことの前に、髪の毛を洗わないという選択があるのも知ってください。無意味に髪の毛を洗うという行為をしなくても良い場合や、必要がない方もあります。毎日洗う事はなく濡らす事もしないということです。洗うのは2〜3日置きにとか、美容室で定期的にシャンプーとセットをしてもらっている、週に1回ヘナをするまでは濡らしもしないなどです。

濡らさない場合にも大きく分けて2通りあります。このコーミングをするか否か。セットをされている場合はコーミングをしてしまうとせっかくのセットが崩れてしまう場合がありますが、セットをされていてもブラッシングまでは行いそのセットを持たせる場合もあります。そうみますとガチガチにヘアハードスプレーでヘアスタイルを固めてしまっている場合を省いては、まずこのコーミングが必要となります。

  • コーミング
  • ブラッシング
  • すすぎ 1st | 湯シャン
  • 洗い | シャンプーなど
  • トリートメント | パックなど
  • すすぎ
  • リンシング
  • すすぎ
  • 絞り
  • ヘッドマッサージ
  • タオルドライ
  • ドライ

┃ コーミング

「コーミング・髪の毛をとかすこと」

まずは、ここから。髪の毛を洗う前にすることは、髪の毛が絡まっていたり、固まっていたりするのを解してあげましょう。気をつけて欲しいのは、決して力強くしてはいけません。力任せにえい!っとコーミングすると髪の毛を痛めてしまいます。また髪の毛がコームに引っかかったりしすると、地肌や毛根も痛めてしまいます。

天辺からするのではなく、ネープあたりから、毛先の方から徐々に解いてあげましょう。

┃ ブラッシング

「根元の地肌から毛先に向けて」

ブラッシングは、ブラシ選びが重要になります。もしお使いのブラシがご自身にあっていなければ、本来のブラッシングになっていません。

「ブラッシングの目的」

  • 地肌の汚れを取り省く
  • 頭皮の血行を促進
  • 頭皮の皮脂を毛先まで循
  • キューティクルを整える

「ブラシの種類」

┃すすぎ 1st 湯シャン

「最も大切な湯シャン」

湯シャン。そのあとのシャンプーやヘアパックなどにも影響があるのがこの湯シャンです。

「湯シャンの種類」

  • シャワー
  • 桶にて
  • 海綿

Henna & Natural Beauty

Together with you,
FABBY ORGANICS brings out the beauty you never knew you had in you.

FABBY ORGANICS