自分であるという美し

自分であるという美し

重さ。

それは、美しい髪の毛の絶対条件。

ヘナとインディゴで、髪の毛を傷めず、潤いある美しさ。

髪の毛のキャパシティにたっぷりと栄養素がたつぷりと詰まっており重さを感じ、毛先が軽くサラッと動くが、傷んだ髪の毛は軽くて引っかかりやすい為、傷んでいない髪の毛の状態と比べると、動きも美しくは無くただそこに髪の毛が存在しているだけという感じで、ちっともときめかない。

潤いがある美しい髪の毛には、それだけでも宝石のようであるが、眉毛ををトーンアップし、目元の潤いをワンランクアップすることにより、全体のイメージのバランスが整う。

マスカラやアイラインのトキメキもなおさらに。